T O P I C S


 
 期 日  平成31年1月26日(土)
 会 場  厚木市文化会館
 市政発展の功績をたたえて
 厚木市は2月1日、64回目の市制記念日を迎え、この日に合わせ各分野で市政の発展に尽力された方などを表彰しています。今年は1月26日に文化会館にて表彰式が行われ187人39団体が表彰された。

スポーツ表彰のソフトボール部門では、工藤幸江氏、中西敦子氏、安藤凌斗氏、宮川真明氏、宮澤侑作氏、厚木SC、厚木クラブ(少年)、あつぎマジックス‘01、シニア厚木クラブ、玉川BBの個人またはチームが表彰されました。

このほか一般表彰の部では山岸渉氏は消防団員として表彰されたほか、スポーツ推進委員として倉田佐智子氏、森住康弘氏、工藤幸江氏。スポーツ表彰ティーボール部門で愛甲小ソフトクラブそして、教育委員会表彰に野村進氏などソフトボール協会でも活躍されている方もおられました。



平成30年度厚木市表彰式:厚木市小林常良市長祝辞

スポーツ表彰者 
 
スポーツ表彰:チーム代表者

スポーツ表彰:厚木SC選手 
 
スポーツ表彰:あつぎマジックス’01(左から3人目)
 
スポーツ表彰:厚木クラブ(少年チーム)


ソフトボール協会関連者表彰 

愛甲小ソフトクラブ(ティーボール活動) 
 
工藤幸江氏・森住康弘氏・倉田佐智子氏(スポーツ推進前列3名

 野村進氏(地区体育振興会役員)

山岸渉氏(消防団員として活動) 
 
祝賀:厚木Blue Angels 



少年部表彰式

 期日 平成30年12月9日 
 会場  南毛利スポーツセンター
  平成30年度県少年連盟所属チームの6年生男子・女子の表彰式が平成30年12月9日南毛利スポーツセンターにおいて行われた、男子31名女子3名の選手に笠貫部長より表彰状が手渡され、特に女子選手には県少女連盟よりの敢闘賞の盾も手渡された。今年度のベストナイン表彰も行われ6年生は思い出の多いグラウンドを後にした。
 小学生で培った知識、技術、マナーを忘れることなく中学、高校、大学そして社会に出て大いに活躍されることを期待しております。 

表彰式:選手整列

敢闘賞:厚木クラブ女子選手

ベストナイン表彰(男子・女子)



 春の叙勲
 旭日双光章を受章

小島 一郎氏 
 
小島 正伸氏
 2017年春の叙勲・褒章がこのほど発表され、市内から元厚木市議会議員の小島一郎氏と、元神奈川県建設業協会副会長の小島正伸氏の2人が旭日双光章をそれぞれ受章した。
地方自治功労 小島一郎氏 

 小島一郎氏は1944年(昭和19)市内妻田生まれ。厚木高校卒業後、工学院大学でプラスチックの成型を学び、20代後半で独立し、ものづくり・技術職を歩んだ。1995年(平成7)市議会議員初当選。以来5期20年にわたり市議として活躍。第52代議長などを務め、地域の発展に貢献した。また厚木市ソフトボール協会会長として現在も活躍をされており今回の受章誠におめでとうございます。受章の喜びを「支援してくださった皆様のおかげ。恩返しの気持ちでこれからも地域のために貢献していきたい」と話した。

 建設業振興功労 小島正伸氏
 小島正伸氏は1945年(昭和20)生まれ。日本大学理工学部を卒業後、ハワイ大学(大学院)芸術学部へ進学し、卒業。1974年(昭和49)に(株)小島組入社。1990年(平成2)に同社代表取締役社長に就任。現在は代表取締役会長。県建設業協会副会長を約15年間にわたって務め、組織内の改革などに尽力した。またお忙しい中、厚木市に本拠を置く日本ソフトボール協会2部リーグ所属の「厚木SC」チームの名誉後援会長を引き受けて頂いております今回の受章誠におめでとうございます。「大変名誉なことで嬉しい。建設産業の将来のため、地域のためにこれからも貢献していきたい」と語った。


 -END-



トップへ