平成27年度(2015)日韓ジュニアスポーツ交流
厚 木 商 業 高 校
主 催   公益財団法人 日本ソフトボール協会
 主 管  神奈川県ソフトボール協会・厚木市ソフトボール協会
 期 日  平成27年10月27日
 会 場 厚木商業高校・ 厚木市営及川球技場

 

日韓ジュニアスポーツ交流 県立厚木商業高等学校編
  10月27日から行われた日韓ジュニアスポーツ交流事業第1日目は、韓国チームU19が県立厚木商業高等学校のグラウンドに来校して試合が行われた、試合に先立ち学校関係者をはじめ主催者の公益財団法人日本ソフトボール協会、主管神奈川県ソフトボール協会、審判員、厚木商業ソフトボールチーム指導者・選手らが韓国選手団と記念の写真を撮った。
 試合は韓国チームは革ボール、厚木商業チームはゴムボールと変則な交流試合となったが両チームとも持てる力を発揮し緊迫した好ゲームが行われた。

  11月27日午後は会場を厚木市営及川球技場に移した、開始前に公務でお忙しい中厚木市長小林常良氏がグラウンドに見え厚木市民を代表し韓国U19チームに対し歓迎の挨拶をされた。
 その後、厚木市長小林常良氏、厚木市ソフトボール協会の役員を加えて記念写真を撮り試合が開始された。
 試合では韓国チームの打撃が目立ち、一方厚木商業は守備で相手の得点を防ぎ両者とも持ち味を出した試合が行われた。
 試合後は厚木商業の指導者コーチのクリニックを受ける韓国選手が多く見受けられ、スポーツを通じ日韓の絆がさらに深められた。


日韓ジュニアスポーツ交流(及川球技場編)  


高校の部へ トップへ