学校訪問 トップアスリートによるソフトボール教室 

 期日 平成30年12月10日(月) 
 会場  平塚市立真土小学校
 主催  神奈川県ソフトボール協会普及委員会
 主管  平塚市ソフトボール協会
 講師  厚木SCチーム選手3名


 

学校訪問トップアスリートによるソフトボール教室

平塚市立真土小学校

平成30年12月10日(月)

 今年度最初の学校訪問トップアスリートによるソフトボール教室は平塚市立真土小学校で12月10日(月)に神奈川県ソフトボール協会普及委員会が担当し6年生3クラスを対象に行われた。

 開講式では、司会者より日頃行っているソフトボール協会の活動が簡単に説明されたのち、小松旦幸校長先生から、ご自分もソフトボール競技に携わった時の思い出と、本日は楽しいソフトボールを体験してほしいとの挨拶があり、神奈川県ソフトボール協会松山玲子理事長からは厚木SC(日本女子ソフトボールリーグ2部所属)は毎年全国大会上位入賞しているチームで優秀な選手を講師に迎えています講師の方から多くを学ぶ中で、特にソフトボールを通じてチームワークの大切さを学んで頂きたいと挨拶された。

厚木SC代表荒尾芳夫様からチームの活躍と講師の紹介があり、大場彩香選手・大石麻里奈選手・松尾奈月選手の3講師とも自己紹介を行い実技へと進行した。 
 実技指導は準備運動のランニング、とウオーミングアップを行いクラス別男女別でボールの捕り方、投げ方を学び簡単なゴロ、フライの捕り方に挑戦した、最初捕球ができなかった生徒も講師の指導で捕球ができるようになり、少しずつですがソフトボールの楽しさが理解できるようになった。

バッテング練習はバッテングティーを利用してボールを打つことを行った後、クラスごと男女各1名の代表者を選出しホームラン競争を行い大いに盛り上がった教室は学校の先生方や県協会、平塚協会、厚木SCのご協力でけがもなく終了いたしました。




厚木SC 荒尾芳夫代表

神奈川県ソフトボール協会役員

講師:松尾奈月選手・大石麻里奈選手・大場彩香選手

真土小学校 小松旦幸校長

県協会 松山玲子理事長

司会:平塚協会 雨宮英二副会長 

閉会の挨拶:平山教頭先生 

実技の説明をする講師 (左から大石・松尾・大場講師)

ストレッチ(大石・松尾講師)

生徒の質問に答える講師

−END−


活動報告へ トップへ